Feeds:
Posts
Comments

Posts Tagged ‘アキュメン・ファンド’

今年2月に、当協会の招きで、日経ホールで行われたシンポジウムに出席するために来日したアキュメン・ファンド代表のジャクリーン・ノヴォグラッツさん。5日間という短い滞在期間の中、シンポジウムだけでなく、企業とのミーティングから、非営利団体ETICとの共催で日本の若い社会起業家との朝食会や、大学生や社会起業家を目指す若者を対象とした講演会、新聞や雑誌の取材も精力的にこなしました。特にETICで行われた講演会では、「夢はなるべく声に出して語った方が良いのよ。そっちの方が現実になる可能性が高いから。」と出席者を励まし、自分の夢は「世界から貧困を無くす事。あなたたちも世界を変えることができる。」と力強く言い切るジャクリーンさんの言葉に皆、深い感銘を受けたかと思います。

「貧者の救済に必要なのは施しではなく、尊厳である。」と考えるジャクリーンさんは、2001年に非営利団体アキュメン・ファンドを立ち上げ、アフリカとアジアで貧困に苦しむ人々に飲料水、住宅、教育等を供給するビジネスへの投資を行ってきました。アキュメン・ファンドは投資先に資金援助とアドバイスを行い、社会的な利益還元を第一に目指します。

そんなジャクリーンさんの現在までの軌跡を描いた著書「The Blue Sweater」が来年3月に発売予定だそうです。英語です。私はまだ読んでいませんが、期待できる内容かと思います。いづれはビル・ストリックランドさんの本のように日本語訳が出て、なるべく多くの人に読まれるようになると嬉しいです。

本のタイトルの青いセーターについてですが、ジャクリーンさんの講演会に出席した人は、青いセーターにまつわるエピソードをすでに知っているはずです。こちらは本で読んだ方が良いかと思うので、内容には触れません。ただ、このエピソードが、彼女が世界観を築いていく上で、非常に深い意味を持ったということだけは付け加えておきます。

(Fumiko)

© Kenzo Sai

© Kenzo Sai

Advertisements

Read Full Post »