Feeds:
Posts
Comments

Archive for August, 2008

Villy Wang of BAYCAT hosts a discussion on Social Edge about hybrid nonprofit social enterprises…MCG Jazz Executive Producer Marty Ashby is hailed as a jazz genius in the The Pittsburgh Tribune Review….and Jeanne Giordano of Jeanne Giordano, Ltd. is honored as “Woman of the Year” by WX New York Women Executives in Real Estate.


Advertisements

Read Full Post »

Yesterday I checked out Japan C at Felissimo Design House. Some days earlier, my colleague, Japan Society Director of Education Rob Fish, was interviewed on NY1 about the culture of cute while visiting Japan C. Japan C, Felissimo says, represents “all that Japan is today: Cool, Cute, Clever and Creative”. And it’s true. In the market for a cool chrome rice cooker, an eco-sensitive, recyclable gift bag, or the latest keitai accessories? Felissimo’s put together a combination Kiddie Land, Tokyu Hand and Aoyama Dori wrapped up in a tidy four-story package in the middle of Manhattan. (Daniel Rosenblum) (more…)

Read Full Post »

A rogue monkey enlivened the late-morning commute for hundreds at Shibuya station on Wednesday. Local police with nets scrambled to capture the stunned simian, but to no avail. After a two-hour standoff, the monkey vaulted a turnstile and high-tailed off toward Harajuku. Perhaps he just wanted to go to Ura-Hara to pick up the latest fashions from “A Bathing Ape.”

Read Full Post »

ifest報告の続きです。一日目の午後の部ではシリコンバレーに本拠地を置くデザイン・コンサルティング会社IDEOのメンバーがワークショップを開きました。IDEOの人は、通常は何日間もかかけて行うワークショップをほんの2時間で行うのでかなりの短縮版と繰り返していましたが、storytelling-brainstorming-prototyping-最後にtop ideasを発表という流れにのって、来年のifestをどうするか?をテーマにアイディアを出し合いました。

チームの人は皆スペイン人でしが、私のために英語で話してくれました。最初はチームの中で「今までに会議やワークショップに出席して一番印象に残っていること」をまず発表しあい(storytelling)、そのあとでテーマに即したアイディアをいろいろと出し合う。(brainstorming)そのアイディアをもとに具体的なプロトタイプ(試作品)を考案。(prototyping)。最後に皆の前で発表。

私たちのグループが取り上げたのは「言語を使わないコミュニケーションの方法はあるのか」というトピック。

出てきたアイディアをペタペタと貼っていく。。。。

出てきたアイディアをペタペタと貼っていく。。。。

今年で10回目を迎えたifestも、参加者の大半がスペイン人にもかかわらず、今年からは会合の基本言語を英語に変更。英語が苦手な人は同通に頼るしかありません。時々スピーカーがスペイン語で発表したときだけは、私も同通用のヘッドセットを取りに走りました。ifestが今回は基本言語を英語にしたのは、今後はスペイン語圏だけではなくグローバルなコミュニティにアピールするためなのでしょう。

ワークショップの話に戻りますが、結局私達のチームがいきついたのは、動物のお面を皆でかぶるというもの。言語抜きで子供や動物は意思の疎通の行うという考えからヒントを得て、動物のお面をみんなでつくってみました。。。。。(今思い出すと、とても幼稚なアイディアとも思えるのですが、そのときは真剣でした。。。。。)今回のようなワークショップの場合は、最後に行き着くアイディアよりも、全然知らない人たちとグループを組んで、目標に向かって走るという行為に意義があるのでしょう。

皆、真面目に取りくんでいます。。。。。

皆、真面目に取りくんでいます。。。。。

Read Full Post »

Back in the day, working in Japan meant working for the sake of nation-building.  Japan was determined to put its economic house back in order.  Legions of salarymen toiled. Rebuilding Japan into an economic juggernaut was reward enough. 

But then the recession came.  Salarymen still toiled. “But for what?” many asked.  “Japan – let’s take a rest” was a slogan oft heard as the government urged people to slow down (take a long weekend at a local spa or seaside resort and help shore up the sputtering economy!).  

Slowly, attitudes change.  Today many people are looking for work/life balance and a greater sense of meaning beyond the office. Where once value creation was judged largely in terms of economics, people today are increasingly looking at value in its broader social context.  Social entreprenuerism is big. Making money is good. Making money and improving society is even better. 

Recently I was asked to comment on WNYC’s Brian Lehrer Show about Karoshi, death by overwork.  There’s a complicated web of factors behind Karoshi, and the Japanese legal system is just starting to grapple with the phenomenon. Many Japanese corporations are starting to take steps to prevent such deaths. 

With these welcome moves, combined with changing Japanese attitudes toward work, perhaps Karoshi will all but disappear in Japan in another generation.   Shouldn’t work be life-affirming? In an ideal world, yes.  Japan is headed in the right direction, but still has a ways to go. We all do. (Daniel Rosenblum)

Read Full Post »

7月上旬に夏期休暇を利用してバルセロナに行き、ifestという集まり(コンファレンス)に参加しました。この集まりはインフォノミア(infonomia)というメディア会社が主催をしており、今回で10回目の開催。同社創始者兼CEOのアルフォンソ・コルネーリャさんは、スペイン語圏版のイノベーターズ・ネットワークを立ち上げ、現在では1万8千人近いメンバーがいます。fast company誌の記事でinfonomia社のことを知り、同社の活動に関心があった上に、ジャパン・ソサエティーのイノベーターズ・ネットワークのメンバーでもあるソフィアバンクの田坂広志さんが講演をするということもあり、思い切っていくことにしました。

会場のEdifici Forumは、2004年のバルセロナ・フォーラムのときに建てられてそうです。横からみるとよくわからないのですが上から見ると、巨大な三角形の形をしているとのこと。

Edifici Forum

Edifici Forum

会場入り口付近

会場入り口付近

7月10日、第一目の基調講演を行ったのが、田坂広志さん。テーマは、What will happen to the future of human society? (人間社会の未来はどうなるのか?)

インフォノミアのサイトでは講演の模様(英語)がアップロードされています。

http://www.infonomia.com/tv/video.php?video=123

弁証法と複雑系理論をベースにした田坂さんの講演に、聴衆は聞き入っていました。

この日は、他にローザンヌのエコール・ポリテクニック・フェデラルエルベ・ルブレ教授や、イギリスのイノベーション・カンパニー“What if”のCEOマット・キングドンさんによる講演が行われました。(ちなみにこのWhat if社は日本語に訳すると「もしも」社?)エブレ教授はシリコンバレーと欧州での起業やイノベーションについて統計学的見地から比較説明。What if 社は企業のイノベーション環境を促進するための事業を行っているとか。プレゼンテーションをみていて、なんとなくこの会社で働いたら楽しそうという思いが頭をかすめました。マットさんがなかなか明るくて力強い感じがしたからでしょうか。。。。

Read Full Post »

ネットワークのメンバーのキース・ヤマシタさんが会長を務めるSY Partners (SYパートナーズ)に関する記事が、リクルート社発行の雑誌Works 89号に掲載されました。タイトルは「シリコンバレーレポート『カオス発、創造』の条件」。 こちらのリンクでもどうぞ。サンフランシスコを本拠地とするSYパートナーズは、2009年には東京オフィスを設立予定。

SY Partners is featured on “Works”, Japan’s leading magazine on HR management published by Recruit Co.  The rough translation of the article’s title is, “Report from Silicon Valley – Conditions to create emerges from chaos.”  (Sorry if it sounds too esoteric……) The article is only in Japanese. SY Partners are planning to open the Tokyo office in 2009.

Read Full Post »

Older Posts »